Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリオコシ

100430d.gif

花壇のクレマチスの謎が解けた!得意の品種ラベル飛ばしで咲き進むまでは品種がわからないクレマチスが続出中なのです・・・それにしてもこのツボミの付き方!まるで開花株をすぐに地植えしたような姿。これが全部一緒に開いたらさぞかし賑やかなことだろう。

100430e.gif

ルリオコシだった。早速ラベルを付けておかなければ。
スポンサーサイト

静寂の庭

100430a.gif

ついに連休に入ってしまった。例年ならバラもちらほら開花が始まっていているはずなのだけれど、今年は開花が遅れている。静寂の庭。なんて言えばカッコつけすぎかな?
連休中は気温も高い様なので一気にバラが咲いてくるかもしれない。今年も少しバラが増えてしまった。組み合わせや仕立て方は考え抜いたつもりだけれど果たして・・・

100430b.gif

他のクレマチスより先駆けてあやめの君は咲き進んでいく。後ろの茂みは柏葉アジサイ。

100430c.gif

なんとも絶妙な色。特に咲きたてのおちょぼ口をライムグリーンに染めた姿は美しい。

花壇の様子

100429e.gif

雨も中々止みそうにないので花壇の様子でも紹介しておこう。ちょっと欲張りすぎたかもしれないけどローズマリーの大株が朽ちてしまった跡地はこんな状態!これで芽吹いてきたホスタ フランシスウイリアムスが成長したら・・・更に窮屈になってしまう。ここはジューンベリーの株元だから乾いた日蔭という事になる。ホスタの生育環境としては▲印の場所。どこまで大きくなるのか楽しみだ。

100429a.gif

花壇の宿根草も少しずつ開花してきている。これはトラノオ ゲンチアノイデス。ここは乾燥しやすい南向きの花壇なので暑さや乾燥に強いものを探していたところおぎはらさんに魅惑的なトラノオを発見。残念ながらカタログのような微妙な色あいは出ていないけれど清楚な雰囲気がたまらない。トラノオは元来強健な植物なので東京都下の夏を乗り切ってくれるだろう。

100429d.gif

こちらは一年草のニゲラ・アフリカンブライド。
 
100429b.gif

で花壇ではおなじみのタイムロンギカウリス。枯れ枝が目立ちはじめたので昨年株を切り戻ししたためコンパクトになってしまった。上部が赤茶けて見えるのはベロニカオックスフォードブルーの花後の姿・・・少し切り戻しが遅かったようで下葉が枯れ込んできている。でも大丈夫。新芽が展開してきているので夏までには元通りに茂ってくるだろう。

100429c.gif

謎のクレマチス出現!?紀三井寺か

100428b.gif

昨日雨の降る前に作業を進めようと早朝より庭に出ると美しい柿生のうなじにうっとり・・・
前にも話したけど今年はお隣の家が取り壊されて更地になっているものだからここ自宅の東向きの壁面は午前中だけ日が当たる理想的な場所になった。例年より更に発色が良くて美しい!

100428a.gif

何て柿生に見とれていると!!なんじゃこのクレマチス・・・東向きのこの壁面にはジョセフィーヌと柿生と紀三井寺しか植えていない。となるとこの謎のクレマチスは紀三井寺としか思えないけれど、こんな色は初めてだ。日当たりの影響だろうか?

100428c.gif

そして地植えのカイゼルがもう完全に色が付いている。しかも虫食い!

100428d.gif

一方コンテナ栽培のカイゼルはまだこんな状態だ。普通なら鉢植えで南向きのデッキにある方が生育は早いはずなんだけど。鉢を時々回して株に万遍なく日を当てていたつもりなんだけれど・・・・

とまー何だかんだ言いながらもクレマチスの季節が始まったということです。

ツボのツボミ

100427f.gif

オヤジギャグを飛ばしながら本日二度目の更新です。これは吹込のツボミ。小澤さんの幻のクレマと言われていたものだ。まだそんな先のことは考えなくてもよいと思っていたけれど先日のジャイアンツの木村さんの事を思うと死というものはあまりにも理不尽で唐突で容赦ない現実を突きつけるものだとあらためて考えさせられた。そう。自分もいつ何があるかわからない。残された家族の事も考えなくてはならないけれど、残されたクレマチスの事も考えておかなければ家族も途方に暮れるというもの。現状では相手が迷惑でなければ麻溝公園に寄贈するのがよさそうだ。

100427h.gif

茜の壷も茜色に染まってきた。いよいよ春本番!雨の合間を見ながらたまった庭仕事をこなすとしよう。

ジョセフィーヌの蕾・花壇のクレマ

100427a.gif

何てこった・・・久々に休みを取ったら春の嵐だって。今日はまとめて庭仕事をこなすつもりでいたのになぁ~。それよりもこの時期は風が心配だ。クレマチスたちは重たい蕾を付けているので風にあおられるのが苦手。被害が出ないことを祈るしかない。

ジョセフィーヌの開花が始まった。デッキの隣家との境のフェンスに誘引しているもの。木製のコンテナが朽ちてしまい巨大な鉢(何号なのか失念・・・)に植えかえたものだ。もうこれ以上の鉢はそうそう売ってないし売ってたとしてももう鉢増しは嫌だ。っていうか不可能。これからの植え替えが悩みの種になりそうだ。

100427b.gif

もう何日も開きそうで開かなかったユキオコシもようやく開花してきた。それにしても今年の蕾の大きいこと。肥料を真面目に与えたからだろうか?こんなのが強風にあおられたら・・・考えたくない。

100427c.gif

花壇の柿生も開花してきた。道行く人にも分かるように品種ラベルを付けているけど気がついてくれるかな?

100427d.gif

その品種ラベルが無くなってしまったものもある。これ何だっけ?

100427e.gif

うーん思いだせません・・・ルリオコシだったような気もするけど。この蕾も重そうなので風の被害が心配だ。



ホスタ 寒河江

100425b.gif

パーフェクトならず・・・だれだホスタの芽踏んずけた奴は?と毎年繰り返される悲劇。今年も起きてしまった。
しかも我が家の主役、寒河江ときたものだからホースガードも人間には無力ということだ。あーぁ

100425a.gif

まーこれだけ茂ってるから見なかったことにしよう。今年も更に大きくなったような気がする。フルサイズの寒河江はほんとに凄い存在感。

100425c.gif

おまけは Drマリーの蕾。庭のクレマチスやバラの開花は足踏みしている。バラの開花は毎年スパニッシュビューティから始まるのだけれど今年は?今朝もこれから寒い早朝の庭に出てみるとしよう。

月宮殿とカイゼル

100424a.gif

今朝雨上がりの庭に出ると月宮殿が咲いていた。それにしても寒い朝だ。こんな時に限って近所の自販機のコーヒーはすべてアイス!「家で入れればいいじゃん・・・」いや今時間は5時30分を過ぎたところ。自分以外は夢の中。なのでいつも庭に出る早朝は自販機のモーニングコーヒーと決めている。コンビニもあるけど余計な物まで買ってしまいそうだし・・・うーん何も全部アイスにすることないじゃん。マニュアル通りなんだろうか?今年はまだまだホットが売れると思うんだけどなぁ。

100424b.gif

カイゼルはようやく色がついてきたところ。

100424c.gif

おまけはユキオコシの蕾。もう何日もこの状態で停止している。いいかげん疲れちゃわないかなぁ。それにしても今年はやっぱり何十年ぶりの●×ってフレーズがよく聞かれるほど天候不順なんだね。いつかのタイ米騒動のようにはならないことだけはお願いしたいものだ。

柿生が咲いて

100423a.gif

今朝庭に出てみると・・・昨日の暖かさで遂に大輪早咲き系のクレマチスの開花が始まっていた。まずは柿生。今年は昨年と違って良い発色だ。実は隣の家が売却されて建物が取り壊されてしまった。そのため昨年までは半日蔭だったこのコーナーが一転日当たり抜群の場所になってしまった。来年には建物が建っているだろうから束の間のことかもしれない。実は柿生は3株育てている。ひとつはデッキの西側の壁面。もうひとつは南向きの花壇。そしてこの家の東側の壁面。柿生は我が家のシンボルクレマチスだから。

100423b.gif

そして麻生!どちらも小澤さんの代表作だ。話はかわるけど小澤さんが残された遺伝子から生まれてくる巷の壷人気、小澤さんが生きていらっしゃったら何と思うんだろう。望まれた姿なんだろうか?


100423d.gif

そしてさくらさくら・・・・この後降りだした冷たい雨にきっと戸惑っているんだろう。大輪のクレマチスの咲き始めってやっぱり艶っぽくて魅了されてしまうなぁ。

ツボサンゴの森

100422b.gif

森とは大げさだけど、昨年から手直しを始めた山野草のエリアは花盛り。

100422a.gif

ティアレラ‘シュガーアンドスパイス’はこの仲間の中では大型で花つきも抜群に良い。


100422c.gif

紅葉もすっかり葉が茂ってこの場所はすっかり日蔭になってしまった。あとはこの株が宿根して大きく育ってくれることを願うばかりだ。

あやめの君

100421a.gif

あやめの君が開花してきた。渋い色合いで内側はライムグリーン。源氏の名がしっくりくる逸品だ。

100421b.gif

この手のクレマチスの生かし方を色々考えている。アーチの足元を飾る。アーチを見栄えのする場所に作れればぜひ試したい。寄せ植えに生かす。うーんもっと流通量が増えて安価になったら・・・で今回はバラの鉢植えに忍ばせてみた。見えるバラの葉はパットオースチン。ウエルカムローズとウエルカムクレマチス。あやめの君がようこそ!って言ってるみたいに見えてくる・

イワガラミの花芽

100420a.gif

クレマチスの蕾が膨らんでくるこの時期は山アジサイたちも花芽を大きくしてくる。突然花期を休むことがあると言われているイワガラミ、昨年は沢山咲いたので今年はひょっとして・・・と思っていただ花芽が沢山付いている。一安心だ。でも、でもですよ、昨年久しぶりに一輪だけ咲いたガクアジサイの城ヶ岬に花芽が見当たりません・・・まぁこのイワガラミもまともに花が見られるまでは随分辛抱したので気長に待つ事にしてますが。

100420b.gif

山野草のコーナーではエビネの花芽も立ち上がりはじめていた。雪の被害もなくて一安心。このコーナーは昨年から作りなおしているんだけれど折角計画たてて植栽しても園芸店に並ぶ開花株の誘惑に負けてついつい・・・終わってみれば何がやりたいんだかわからない姿なんてオチになりそうだ。

クレマチスの開花レース

100419e.gif

いよいよクレマチスの開花もラストスパートの段階。大輪系では柿生が一歩リードと思われていましたがこの雪おこしも今にも開きそうじゃないですか。

100419d.gif

こちらのブルーライトも目が離せないですね。


100419c.gif

白花ハンショウズルはすでに開花していました。

100419b.gif

モンタナルーベンスも開花がはじまっています。

100419a.gif

形勢逆転!カイゼルがこんな状態です。という事でいよいよですクレマチスの季節。一年の苦労が報われる瞬間がやってきます。

丁字草

100418a.gif

宿根草の庭の醍醐味は何と言っても一度根付いたものは大株になっていく事。この丁字草も我が家にすっかり定着して年を重ねる度に大きくなっていく。そしてこぼれ種で増えてくる。蕾が見え始めてからのこの寒さで戸惑っているんだろうか開花が進まない。

100418b.gif

ここには大型のホスタが植えてあるので急がないと潰されちゃうぞ。それにしてもこの場所がお気に入りなのか雪の下が今年も爆発的に増えてきた。有用な薬草なのだけれどうちでは雑草扱いになっている。

黄花カタクリ・梅花イカリソウ・梅花カラマツソウ

100416a.gif

なにやら外がいやに明るい・・・寝ぼけまなこで何気なく外を見ると「何だ雪かぁ~・・・・・雪!!」と一瞬にしてフリーズしてしまった思考回路。そうこちら多摩南部は雪の朝を迎えています。まだ開花が始まっていなかったのがせめてもの救いだと思われますが、つい先日放置していたコニファーの雪囲い外したばっかりなのに。囲いと言ってもシュロ縄でぐるぐる巻きにしてあっただけですが。黄花カタクリもようやくカタクリらしい姿を見せてくれたのに・・・

100416c.gif

イカリソウもこんな可憐な花を咲かせてきたと言うのに

100416b.gif

完全に宿根して年々大株になる梅花カラマツソウもさぞかし驚いているんだろう。雪ですよ雪!僕ら趣味でやってるので今年植物に何かあっても来年があるさ!って強がれば済むけれど生活がかかる農家の方の御苦労を思うと・・・ただただ被害が少しでも少なくなる事を祈るばかりです。こんな時こそ高い高いと文句を言わずに野菜を食べてましょう。

進まぬ春

100415c.gif

それにしても寒いですね。昨日からの冷たい雨が幸いして霜が降りることはなさそうなのがせめてもの救いです。昨年の今ごろは柿生などの大輪早咲き系のクレマチスが続々と開花していたのに、少し開花は遅れそうです。

100415b.gif

ムスカリとツボサンゴが満開を迎えて春本番!と思ったところにこの寒波・・・

100415a.gif

おまけはホスタの新芽の守り神。ホースガードのために太めの支柱を立てました。芽吹き始めたホスタを踏みつぶしちゃった事故を少しでも防止するために立てました。これで悲惨な事故が無くなればよいのですが・・・

クレマチスのカウントダウン

100414b.gif

暑かったり寒かったり、気温の変動が激しいですね。明日の最低気温は2度・・・この柿生の蕾も凍りそうな寒さです。蕾の先端が開いてきていよいよって時の寒波襲来。

100414a.gif

紀三井寺?の蕾は今にも開きそうだったのに・・・

100414c.gif

カイゼルもほんのり色ずいてきたところなのに・・・明日はみぞれが降るだと!?神様なにごともありませんように・・・ただ祈るのみです。

黄花カタクリ

100413a.gif

今日は昨日の寒さから一転、初夏を思わせる陽気。久しぶりに休みが取れたので何となく江の島へ・・・いやお目当ては生しらす。駿河湾の桜えび同様季節限定なのです。旨かったです。車を飛ばして小一時間、春の江の島を満喫してまいりました。そんな事は良いとして庭の春はまた一段と進んできたようです。もう何年も植えっぱなしの黄花カタクリが開花してきました。

100413b.gif

100413c.gif

寒河江も無事に芽吹いてきました。この時期は何をするにも芽吹いた葉を傷めないように細心の注意が必要になります。水やりのホースのひきまわしで葉を潰してしまったり、クレマチスの誘引に夢中になっていて踏みつぶしたり・・・気をつけなければなりません。それにしても旨そうな葉です。寒河江は食用のホスタ(うるい)の選抜種、毎年天ぷらにしたい誘惑に駆られしまうのですがまだ食したことはありません。

花壇のツボ

100412a.gif

昨年老朽化してしまったローズマリーを泣く泣く撤去した花壇に設けたコーナー。ここはジューンベリーの株元で夏には半日蔭になる場所。それでも南向きの乾燥しやすい場所なので色々と悩んでいたけどツボサンゴの仲間やアルケミラモリス、クレマチスを数種植えた。春は問題ないだろけれどこの夏を越せるのか?チャレンジしています。宿根草は場所が合えば素晴らしい結果を見せてくれるはず。あっそうだ調子を落とし一年鉢で養生させたフランシスウイリアムスも植えたんだ。忘れていました。さー芽吹いてくれるんでしょうか?

*乾燥を防ぐためこれらの植物の株元は昨年植え付ける時点から腐葉土でかなり厚めにマルチを施してあります。

クレマチス開花!

100411b.gif

いよいよクレマチスの開花がはじまりました。一番乗りはやっぱり若紫。オクロレウカの血が流れているからでしょうかとても早咲きです。が花色が??(得意のラベル違いが発生か?)開花が進んでいけばはっきりするでしょう。

100411a.gif



100411c.gif

そして次は・・・柿生の蕾!ほんのりと染まっています。柿生は蕾まで美しいですね。いよいよシーズン到来です。

ツボサンゴ

100407a.gif

紅葉の下ではツボサンゴの仲間が開花してきて賑やかになってきている。最近本当にこのツボサンゴの仲間は脚光を浴びはじめている。ホスタ同様に日本の気候にばつちり合うパーフェクトプランツなのでこれからももっと注目されていくだろう。


100407c.gif

ティアレラ シュガーアンドスパイスの可憐な花。

100407b.gif

周囲の樹木が大きくなって日当たりが悪くなったロックガーデンも思い切ってツボサンゴ畑に・・・

クレマチス開花1着は・・・若紫

100406d.gif

我が家のクレマチスの開花は若紫です。早咲きの大輪種やモンタナよりも早く開花しそうです。やはりこの若紫はオクロレウカの血をひいているので開花が早いのでしょうか。

100406c.gif

もう蕾が今にも開いてきそうです。

落葉樹の下では

100406b.gif

もみじの下に朝日が差し込む時間。この季節にはツボサンゴが輝き出してきれいです。

100406a.gif

ラティフォリュームも加わって・・・どうでもいいけどシュロ縄かたしてから撮れよ!

いよいよクレマチス誘引地獄?の季節がやって来てしまいました。少しでも目を離すとあらぬところにもぐりこむツルたち。細心の注意を払って救出しようとするも、ポキッ・・・・しかも蕾つきのやつに限って、ポキッ・・・
特に時間が無いので早朝寝ぼけた頭で誘引するものだから余計に手元がおぼつかない。でもね満開の姿を思うと一本でも一輪でも多くの花が見たいと願うのが親心というもんじゃありませんかねー。今年もポキッ、ポキッと言わせながら誘引していくのです。あーあ・・・

春はいずこへ

100404a.gif

今日も寒い一日でした。今年は桜の花も長持ちしそうだけれどチューリップ達も戸惑い気味だ。

100404c.gif

あまり良い時間に写真が撮れなかったけど今年の花壇はこんな感じです。今年もイベリスと開花の時期は合う事はありませんでした・・・残念。

100404b.gif

ニゲラの蕾も膨らんで春真っ盛りのはずなんだけど、今年はやっぱり寒い。

Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。