Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もシルホサが咲いて

081030.jpg
気が付けば10月ももう終わり。シルホサ・ジングルベルが咲いていた。そう余りにも忙しくてシルホサが咲き始めている事にも気が付かないでいた。青空をバックにしないと何とも冴えない写真だ。このシルホサも随分と大きくなって、2メートル超のパーゴラを這い上がり、パーゴラの上でポールズヒマラヤンムスクと競争している。そこに今年の春からイエスタディが参戦してきている。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif
スポンサーサイト

サルビアメキシカナ ライムライト

081009.jpg
サルビア、キターっ!ついにサルビア メキシカナ・ライムライトの蕾が(本人はそう信じて疑わないのである)遂に遂に・・・。随分遅咲きなんだなぁ。70年代後半に発見されたサルビアの新種のひとつで、園芸界への登場も遅咲きだ。

081009b.jpg
一方ではサルビアインディゴスパイアズのブルーが色濃くなってきた。このサルビアは秋の深まりと共に本当に綺麗になっていくサルビアだ。ただこの手の大型のサルビアは美しい姿で咲かせることが難しい。耐寒性もあり栽培自体はさほど難しいわけではんまいけれど、あまり巨大化させてしまうと美しいとは言えない姿になる。巨大化を防ぐ唯一の手段は剪定なのだが、そのタイミングが難しい。あんまり早いと開花時期にはやっぱり背丈が伸びてしまうし遅いと開花が遅れ花を楽しむ時間が無くなってしまう。程よいタイミング、これが中々難しい。その年の気候にも左右されてしまうし・・・

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

実りの秋

081008.jpg
庭のあちこちに実るローズヒップ。今年は随分花が咲いたのでヒップの量も多い。何に使うわけじゃないけれど、季節を感じさせてくれるので毎年適度に花柄を残している。

本当に今年はシュートが凄い事になっている。ポールズヒマラヤンムスクを筆頭にシュートが出るは出るは・・・春には凄い量の花が見られるかもしれない。今年こそ真面目に誘引しよう。

John Winston Ono Lennon ジョン ウィンストン オノ レノン 今日はジョンの68回目の誕生日。毎年この日を迎えると、あっという間に1年が終ってしまう。今朝はジョンを聞きながら仕事へ向かうとしよう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

秋の山野草

081007.jpg
またまた更新!雪でも降るんじゃないかと心配していらっしゃる方もいるんじゃないかな。
外は雪ではなく雨だ。秋の長雨とは言うけれど、今年の雨の多さにそんな季節の言葉も色褪せる。
とは言っても時間は確実に過ぎて、今年ももう残り3ヶ月!そう言えば、新型インフルエンザの流行に備えて不織布マスクを家庭で一人当たり20-25枚備蓄を推奨なんて話もあり、これからの季節が心配だ。

この季節、庭の草花たちは夏の過酷な環境から解放されて新たに葉を付けるもの、花を咲かせるものなどがあって、賑やかになってきた。この大文字草もそのひとつ。一般的に秋に花を咲かせる野草は暖地では栽培が難しいものが多い。開花準備の時期が酷暑とかぶるためだ。大文字草は直射日光と乾燥に気をつければ、毎年咲いてくれる。大文字草も日本の古典園芸植物なので品種も膨大。でも自分は地味なものが好み。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

いつのまにか季節は

081006.jpg
本当に久しぶりの更新となってしまった。仕事が忙しくて・・・とは言い訳だが、昨日は久々の休日だった。庭に出てみるとホトトギスが風に揺れていた。うちの庭に季節の変わり目を告げる基調な野草だ。

0801006b.jpg
そもそもユリ科の丈夫な宿根草なので、植え場所さえ間違えなければ栽培は容易。
秋のガーデニングシーズン到来だが、ブログの更新と同じで、なかなか時間が取れない。伸び放題のバラのシュートの整理も手付かずで、庭は今大変なことになっている。今日も1日時間が取れるのだが屋根を叩く雨音・・・・最悪雨カッパを羽織ってでも強行しなくてはならないなぁ~

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif


Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。