Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベレバリア グリーンパール

080331d.jpg
花壇の新入りベレバリア グリーンパール。開花まで少し不安だったけれどシックでいい感じじゃない?ムスカリの近縁種だそうだ。ニゲラの間からひょっこり覗いている。

080331e.jpg
花壇では続々と開花が始まっている。ムスカリ・ラティフォリウムはもっと植えたはずなんだけどなぁ。今となっては確認できない。チューリップはまだまだ咲いていないものが多いので3分咲きといったところだ。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif
スポンサーサイト

ホスタ・寒河江の目覚め

080330dd.jpg
ホスタの目覚めトップは寒河江。園芸書などには必ずシェードガーデンに最適!日陰の庭の主役など日陰での栽培を薦める記事が多いけれどホスタはユリ科の宿根草。花を楽しみたいなら全くの日陰では無理だ。ホスタは決して日陰を好む植物ではない。乾燥と強い日差しが苦手で日陰に強い植物。強いと好むとでは大きな違いだ。出来れば色々な場所に植えてみて適地を探すのが面白いんじゃないだろうか。実際うちでも落葉樹の下に植えたフランシスウイリアムスよりも庭の洗い場脇で日当たりが良い場所のフランシスウイリアムスの方が断然成育がいい。流石に真夏になると葉の色は悪くなるけれど我慢できないほどじゃない。

080330cc.jpg
寒河江の植えてある場所は東向きのボーダー花壇の左端。午前中だけ日が当たる。ホスタにとっては最適な場所だろう。寒河江は山形県寒河江市出身。今世界的に人気の高いホスタの王様だ。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ビフォーアフター

080330vv.jpg
ビフォーアフターじゃないけれど今の自庭はやっぱり寂しい限り。これでも少し薔薇が芽吹いて来たので少しはマシかな。あと壱月もすれば↓の様になるなんてとても信じ難い。

080330zz.jpg
あと壱月の我慢。今年はランブラーに期待大。ようやくポールズ・ヒマラヤンムスク・ランブラーとトレジャー・トローブが本気になってくれる様子。特にトレジャー・トローブは植えてからまともな花を見ていないし・・・信じていいのかな?

080330xx.jpg
三回目の春を迎えるトレジャー・トローブは随分枝を伸ばして遂にポールズヒマラヤンムスクのパーゴラのまで到達。これで咲かなきゃウソでしょう。赤い新葉が美しいお気に入りのランブラーなんだから。


にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

チューリップの季節・続き

080331a.jpg
クルシアナ・レディジェーンが本格的に咲いてきた。毎年見ているけれど全然飽きがこない。それはきっとこの素朴な美しさの為かもしれない。それまでチューリップには余り関心がなかったのだけれど、このクルシアナの美しさは別格だった。

080331c.jpg


080331b.jpg
いつもならライラックワンダーが先に咲くのに今年は順序が違う。1週間~10日ほど早い。そう言えば、毎年桜を追いかける様に咲いている。流石に暑いのが苦手なので開花中に暑くなるとしなだれたり花が長持ちしないので今日くらいの気候が続くと花持ちも良いんだろう。塀に誘引してあるラウプリッターも新葉が芽吹いて綺麗だ。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

クレマチス・カイゼルの蕾

080330aa.jpg
カイゼルに蕾が!向きがおかしな蔓を発見。誘引しとくか~。とここまでは良かったものの、ポキッ!もう何が起きたか、解かっていただけるでしょう。残念なヤツになってしまいました。蕾付きの蔓一本だけですが本当に残念なヤツです・・・・
でもひとつだけ自慢できる事がありますよ。このカイゼルのツル。随分太く出来ました。昨年の倍には出来たんじゃないでしょうか。宮崎さんが作出した素晴らしいクレマチスのサウンドオブクレマチスシリーズですが市場、いや自分が目にした開花株は貧弱なものが多い気がします。特にこのカイゼルは目にする機会も多くはないですが、今まで貧弱なものが多かったですねェ。そんな丈夫なツルを折っている自分が更に残念なヤツに思えてくるのでした・・・・

080330bb.jpg
更にマルチブルーとキリテカナワが誘引してあるトレリスにこんな蔓を発見。トホホホ・・・・・キリテカナワじゃない事を信じて疑わないので品種は確認していません。マルチブルーなら他に2株もあるのでまだ許せるのでした。

今年は桜同様、本当にクレマチスの動きが早いなぁ。ジェニーなんかもう自分の背丈ほど伸長している。雪おこしや月宮殿は今にも咲きそうだ。反してモンタナは蕾が見えるものの昨年並みの開花になるんじゃないだろうか。春は風の季節、誘引を怠ると上記の様な残念な結果が繰り返される。用心用心。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

チューリップの季節

080330c.jpg
花壇ではクルシアナ・レディジェーンもポツポツ咲き始めてチューリップの季節がやって来た。クロッカスの茂みの中でライラックワンダーの蕾もほんのりといい色に染まってきた。週末にはもう少し綺麗な写真をお見せできるだろう。ライラックワンダーももう数年植えっぱなし。たまにクレマチスに液肥を与えるついでに与える程度。勿論液肥は葉っぱがあるうちだけ。冬の準備の為に堆肥で花壇をマルチしているので肥料は充分なのかもしれない。過ぎたるは・・・である。

追記です↓
080329y.jpg
クルシアナ・レディジェーンも開花してきました。それにしてもクロッカスとサフランの葉は邪魔だなぁ~。再考の余地ありますね。ムスカリもすっかり埋もれてしまいました。(汗・・・

080329z.jpg
そして昨年気まぐれに植えた黒いチューリップ、ブラックヒーローだったかな?まー咲いてからのお楽しみという事で。


にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ベロニカ・オックスフォード・ブルー

080329aa.jpg
グランドカバープランツとして使っているベロニカ・オックスフォード・ブルーが開花している。花壇のオックスフォード・ブルーは既に満開。生育旺盛なベロニカだけれどぽつぽつ見える丸い葉のユキノシタだけは抑えられない様子。

080329bb.jpg
クレマチスのアーチの足元も覆い尽くしている。少しは夏の日差し除けになっているんじゃないだろうか。このベロニカは花後にきり戻すことを忘れないようにすれば姿もまとまり使い勝手の良いグランドカバープランツだ。道端で見かけるオオイヌのフグリの仲間。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

雪柳

aaaa.jpg
雪柳が満開だ。昨年はアブラムシを気にするあまり花芽を傷めてしまい、随分寂しい開花だったけれど今年はまずまず。小米花とも呼ばれる遠く室町以前より親しまれて来た日本古来の花木。この風情に感銘するのはやはり自分の中の奥底に宿る日本人の心なのでしょう。
雪柳は生育旺盛で花後に枝が伸びて夏が終わり秋風の吹く頃に花芽が出来るので剪定は花後直ぐに行うと良いでしょう。枝が弓なりに枝垂れた姿に風情があるので剪定もこの姿をイメージして行います。毎年同じ位置で剪定し過ぎると枝が老化して寂しい枝しか残らないので強弱の変化をつけたり間引いたりして姿を整えましょう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

080329c.jpg
桜も咲いて春本番。週末は花見客が押し寄せるだろう。週明け早々花見に出かけよう。東京都下は幸い東京より開花が遅れているようだ。週明けが見頃かもしれない。
気分転換にテンプレートを変えてみました。画像も少し大きくしてみました。皆様の表示に不具合が出なければ良いのですが。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ロックガーデンもどきの春

080328d.jpg
植栽のレイアウトとしてはイマイチですがロックガーデンもどきは春を迎え
て賑やかになってきました。とその前に「もどきって何?」と思われている方
へ~本来のロックガーデンは排水や根の冷却効果を考えて石や瓦などを地
中に埋め込み高山性の野草を栽培するのですが自庭のそれは亡くなった祖
父のコレクションしていた石を無造作に積み上げただけの正しくもどきなので
す!

080328a.jpg
よーく見るとレイアウトは最悪ですねェ~。ムスカリがすでに違うだろって感
じです。花後に植えなおす事にしましょう。青い花がハルリンドウ、ピンクが
バイカカラマツソウ、ムスカリの脇のピンクの一輪はアネモネ・プランダ。

080328aa.jpg
もっと背が低く広がる植物でバランスを考えて植え込むといいのになぁ~。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

カタクリの季節

080328c.jpg
本格的なカタクリの季節がやって来た。庭のあちこちから目覚めたカタクリ
が咲いている。繊細そうなカタクリだけれど一度根付けば意外に丈夫だ。

080328b.jpg
平地でも良いけれどこうして見るとやっぱり斜面に植えると収まりがいい
様だ。スプリング・エフェメラルの代表的な存在。来年に向けてもう少し数
を増やそうか。ロックガーデンもどきのサイドの斜面に群生させるのも良い
かもしれない。

こちらは桜が5~6分咲き。クレマチスの誘引が本当に大変な季節になって
きた。春は突風の季節でもあるのでこまめに誘引しておかないと思わぬ惨
事になってしまう。花数にも影響するし。暫くは早朝の誘引作業が続く。
寝ぼけてて、ポキッ!といかない様にしなくては・・・・・
クレマチスの開花株がお店に並ぶ季節。先日も近所のHCになんとフェアリー
ブルーと雪おこしの開花株が沢山並んでいた。1980円。微妙な価格だけれど
勿論誘惑なんてされてない。今はどちらかと言うと風鈴オダマキ380円!に反
応してしまう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

アネモネ

080327c.jpg
アネモネが宿根したようだ。昨年の春にオリーブのコンテナで寄せ植えて
いた株だ。そう言えば先日も枯れたと思って抜いてしまったヘリオトロープ
に白い根が生えていた。先入観や思い込みというのは恐ろしい。以前、車
の教官に言われて忘れられない言葉がある。運転は「だろうじゃなくてかも
しれない」の気持ちでハンドルを握れば事故に遭わないよ・・・全くその通り。
ヘリオトロープは葉がチリチリだったけれどアネモネは地上部が元々無かっ
たので助かった。暑さに弱いのに宿根する事もあるんだなぁ。
ちなみにこのコンテナにはオリーブとシルバータイムが植えてあり、隙間
を1年草など季節の花で寄せ植えています。毎年アネモネは入れるので
すが宿根したのは今回が始めて。今年の夏も何とか乗り切ってもらいたい。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ムスカリ・ラティフォリウムも咲いて・・・

080327b.jpg
ムスカリ・ラティフォリウムが咲いてきましたよ。でも何だか見慣れてるラテ
ィフォリウムと少し様子が違います。そうです!デカイ・・・と言っても写真だ
けじゃわからないですね。でもね本当にデカイんです。球根類にはたまに見
られる事でよほど球根が充実していたんでしょう。

080327a.jpg
チューリップが咲く前の花壇の今。まだまだサフランの葉が残りただの草
むらです。でも宿根草は新芽を展開し随分緑が濃くなって来ました。来週
にはもう少し観賞に耐える姿をご紹介できるでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

アルピナ・ウイリー

080326a.jpg
もう何年になるんだろう。アルピナ・ウイリーは咲く気配がないまま葉ばか
り茂らせている。大きな深鉢に植えているけれど一向に咲く気配がないのだ。
今年はどうだろう?いい加減にしないとどんな花が咲くのか忘れてしまうぞ!

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

チューリップの季節

080325c.jpg
今日も暖かい1日でしたね。こちらでも桜が咲きはじめました。週末はお花
見日和となりそうです。そして自庭ではいよいよチューリップの季節です。
花壇では原種系のチューリップが咲きはじめました。咲かないと品種がわ
かりませんが。何だっけ?・・・・

080325d.jpg
クルシアナ‘レディジェーン’も蕾がはっきりしてきました。もう数日で開花
を迎えるでしょう。

クレマチス達も伸び盛りになって来ました。昨年花が見られなかった数種
のクレマチスも伸び始めて今年はどうなる事か、少しドキドキしています。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

柏葉アジサイの目覚め

080325a.jpg
柏葉アジサイも芽吹いてきました。母の日の売れ残りを植えてから随分大
株に育ちました。ろくに姿を整える剪定をしていないので少々暴れ気味。
でも株元には巨大な庭石があって丁度良いサポーターになっているので
気にしなくて済んでいいます。この分だと今年も沢山花が見られそうです。

080325b.jpg
これで雨に強ければ言う事なしなのですが、雨に当たるとしなだれて収拾が
つかない姿に・・・。なので毎年開花すると早めに切花にしてご近所に配って
まわっています。ご近所の皆さん迷惑半分かもしれませんが今年も宜しくお
願いします。

さて今日は春の陽気から一転、寒い1日でした。昨日の樹木の剪定で身体
は筋肉痛。階段を上がるのも一苦労のありさま。気持ちに身体がついて行
かない典型的な親父諸侯群?ですな。これからパーゴラの上の薔薇の作
業などもあるというのに、今シーズン乗り切れるんだろうか?と不安な思い
を押し殺して三日坊主になりつつある筋トレを再開しようと誓うのでした・・・

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ロッガーデンもどきの春

080324c.jpg
午前中は良く日が当たるこのロックガーデンもどき。今の様子です。

080324d.jpg
梅花カラマツが咲きはじめ

080324e.jpg
翁草の蕾も見えて・・・・ムスカリが咲きそうです。
それにしても人の記憶力なんて当てにならないですね。特に自分の記憶
など。芽吹いたその姿を見て初めて思い出す植栽の記憶。クレマチスも飽
和状態となったこれからは野草に少し力とお金を注ぐようになるでしょう。
特に今苔が気になります。猫の額ほどの庭でどれだけ出来るものなのか?
挑戦してみましょう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

屋久島ハルトラノオ

080324a.jpg
昨日も暑いほどの1日。野草エリアは今1番賑やかな季節を迎えていま
す。今日はサクラソウの葉が伸びているのを確認しました。

080324b.jpg
ここの環境がお気に入りの様で毎年広がってきています。こう購入時の5
倍は大きくなったでしょう。改めて環境に適した植物をセレクトする重要性
を認識させられます。でも育ててみないと分らない事が多いのも事実です
自分は新しく植物を導入する時は可能な限り複数の株を入手してそれぞ
れ条件の異なった場所に植えて試す様にしています。そうする事で少しは
環境に合わせた植栽が可能になると考えています。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

イワガラミの芽吹き

080323b.jpg
穏やかな春の日差を浴びてイワガラミが芽吹いてきました。まだまだ流通
量が少なく高価なアジサイの仲間です。とても似ているツルアジサイとは別
属です。我が家にはツルアジサイもありますが今だ一度も花を見られません。
イワガラミはその名の通り枝から気根を出して岩や樹木などに張り付いて成
長していきます。パーゴラの下の木製フェンスに這わせています。

080323a.jpg
今年こそてんぷらにしてみようかな?毎年誘惑にかられます。(若葉のて
んぷらが美味という事なのです)

080323c.jpg
一昨年からようやく花が満足に見られる様になりました。植えて6年ほどに
なります。一方のツルアジサイの花はいつ咲くのでしょうか。その気まぐれ
ぶりはクレマチス以上です。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

カタクリが咲いて・・・

080322a.jpg
今日は久しぶりの快晴。庭作業も順調に進みました。クレマチス達は旧枝
咲きの品種を除き誘引を本格的に始めました。久々の誘引。クレマチスの
季節の到来に少しニンマリしてしまいます。ふっと見ると蟻達にも動き出し
たのでアブラムシに注意が必要ですねェ。

さて気になっていたカタクリは午前中はこんな姿を見せてくれました。でも
あの、あのカタクリには程遠い姿・・・・

080322b.jpg
午後になって庭に出て見ると・・・・するとどうでしょう!これです!この花姿。
こうじゃなくては!野草のエリアでは他にも続々とカタクリが目覚めています。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

薔薇も目覚めて・・・ドロシーパーキンス

080321bb.jpg
多くのクレマチスが目覚めていよいよ季節は春本番へ向かいます。今週
末には東京でも桜が咲くという話です。庭では薔薇が目覚めてきました。
これはドロシーパーキンス。昨年から植替えようと悩んだ挙句植替え出
来なかったランブラーローズ。今年の秋には必ず植替えてあげなくては。

080321cc.jpg
生育旺盛なランブラーですが枝もしなやかで扱い易い品種です。大きい
テラコッタ植えなので成長力に悩まされる事がないのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

オダマキ

080321a.jpg
雨の中のオダマキ。新しい葉が続々と展開して綺麗。ここ二日は季節が
逆戻りしてしまいました。目覚めたチューリップ達も寒そうです。来週には
チューリップの開花が見られるかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

デルフィニウム:プラージュブルー

080320a.jpg
デルフィニウム:プラージュブルー の新芽が展開してきました。暑さに弱い
デルフィニウムのなかで比較的暑さに強い品種。そうはいってもデルフィニ
ウムなので我が家での生存率は30%ほど。デルフィニウムは大輪系と小
輪系がありますが自分は大輪系は苦手なのでこのプラージュブルーはお
気に入りです。色は三種類発売されています(ブルー、アクアブルー、ライト
ブルー)冬には地上部はすっかり無くなるので行方不明になる事必至。しっ
かりマーキングしておくか、春の芽吹きまで植えられている花壇をいじらない
様にするのが無難です。デルフィニウムは草丈が高くなります。しかも直根性
なので移植は困難なので、植え場所は良く考えなくてはいけません。

080320b.jpg
この青色もクレマチスのジェニーとともに清清しくシーボルティとのコントラス
トはとても美しいです。夏さえ楽に越えてくれたら・・・今年は何株残せるのだろう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

クレマチス・ジェニー

080319a.jpg
ビチセラ・ジェニーも凄い事に!これで誘引さぼったりしたら・・・・このミニ
パーゴラを覆い尽くしてくれる日も近いかもしれません。

080319b.jpg
しかし簡単にいかないのが自然の営み。今日の寒さといったら、季節が
逆戻りしてしまった様です。明日も寒そうだし。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ハルリンドウとムスカリ

080318aa.jpg
ロックガーデンもどきでも春は進んでいます。ハルリンドウの蕾も続々と
開花しています。

080318bb.jpg
そしてハルリンドウの奥ではムスカリ・ラティフォリウムも開花が始まりそう
な勢いです。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

クレマチス・踊場

080318b.jpg
バラ用のマルチを掻き分けて逞しい踊場が伸びてきました。新枝咲きのク
レマチスやフロリダ系のクレマチスの誘引が忙しくなって来ました。

080318c.jpg
この踊場の勢いは誰にも止める事はできないでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

雪柳が咲いて・・・

080318a.jpg
沈丁花の香りがどこからともなく漂う季節になりました。あの香りが漂うと
本当に春なんだなぁと思います。庭に目を向けると雪柳に白いものが・・・
毎年かわらず咲いてくる草花の誠実さに感動せずにはいられません。
自然はいつも誠実なもの。だからこそ私達の心は動かされるのでしょう。

いつものおさらい・・・・
雪柳はバラ科の落葉低木で古くから庭木として利用されているので街角
で良く見かけるでしょう。満開時の周囲を圧倒する花姿と共に秋には紅葉
も楽しめる実に素晴らしいガーデン素材です。難点を強いてあげると成長が
早く狭い場所では毎年剪定をして形を整える必要がある事とアブラムシが
よく付くので気になる方は定期的な防除が必要なことぐらいでしょうか。
剪定は花後直ぐに行わないと来年の開花に影響してしまいます。尚高さ
を抑えるには地際でバッサリCUTしても大丈夫。(自分は20~30cmでカッ
トしています)時期だけ気をつけてください。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

雪割草も終わりに・・・

080317b.jpg
山野草エリアでは雪割草も散り始めました。これから季節は早足で過ぎ
ていくのですね。雪割草が終ると黄花カタクリやイングリッシュブルーベ
ルが開花の準備を始めます。

080317c.jpg
手前の細葉がイングリッシュブルーベル幅広の葉が黄花カタクリです。
もう少し季節が進むと・・・・・・


06-04-10b2.jpg
こんな姿を見せてくれるでしょう。
別名エリスロニウムと呼ばれる北米原産の洋種で日本のものに比べて
開花させ易く丈夫です。暑さにはやや弱いので落葉樹の下か似た条件
の場所が適地です。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

クレマチス・ルリオコシ その後

080317a.jpg
結局ルリオコシは我慢出来ずに植替えてしまいました。支柱も例のお手
製のものに取り替えました。蕾も沢山付いていたので、蔓を外す手にも
緊張の汗・・・・。でもさすがプロの仕立ては凄いです。まるでインテグリ
フォリア系かと錯覚させられる程コンパクトで多花。どうしたらこんな風に
花が咲かせられるのか?今まで使わせて頂いたナーセリーのなかでも
この剪定、誘引、育成のテクニックはトップクラスでした!だから植替え
後の蔓の巻きなおしも超簡単で綺麗に仕上がりました。絶賛です!!

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ベロニカ・オックスフォードブルー

080316d.jpg
今日も暑いくらいの1日でしたね。南向きの花壇ではベロニカ・オックスフォ
ードブルーが咲き始めました。オックスフォードブルーは諸説あるよですが
字の如くオックスフォード大学のスクールカラーのダークブルーから来てい
るとの説も。余談ですが、オックスフォードとライバルのケンブリッジのスク
ールカラーはライトブルーです。この花が咲いて暫くするとチューリップの季
節の到来ですね。今日南向きの花壇を整理しているうちに、その乱れ姿に
嫌気がさしてしまいイベリスを強剪定してしまいました。今年もこの姿にはお
目にかかれません。来年に期待してください。↓

06-04-14b.jpg
この姿は今年も諦めました・・・・

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。