Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲いた!咲いた!チューリップの花

070330a.jpg

チューリップが今年も咲き始めました。昨年と違うのはイベリスと開花が合わなかった事です。残念!

070330b.jpg

クルシアナレディジェーンとライラックワンダーです。植えっぱなしで毎年可愛い姿を見せてくれます。昨年より1週間ほど早い開花となりました。

070330c.jpg


花壇ではRaubritter(ラウプリッター)も芽吹きクライマックスへカウントダウンが始まりました。こうなるとクレマチスの誘引も大忙しです。バラと旨く競演させる為にはクレマチスの開花位置は重要ですから(因みに昨年は放任しすぎて失敗でした)。
スポンサーサイト

カタクリ

070331a.jpg

やっとカタクリの開花を確認できました。まだ葉を展開途中のものが多い中、一番花です。自然のデザイン力は本当に素晴らしい事を実感出来る美しさです。外来の園芸植物に埋め尽くされている昨今のガーディニングですが、上手にジャパニーズ(欧米か!?)日本の美しい植物を取り入れていきたいと思います。

070331b.jpg



ベロニカオックスフォードブルーも満開です。

070330.jpg

今日は暑いくらいの1日でした。日に日に緑が濃くなる庭の様子を見れるこの季節は本当に楽しいですね。花壇ではベロニカオックスフォードブルーも満開です。すっかりブルーのカーペットが広がりました。これから暫くはクレマチスの蔓の誘引が忙しい日々が続きます。

クレマチス前線接近中

070328.jpg

早咲き系の大輪種の蕾は大きく膨らみ、モンタナ系も開花直前です。それは順調な季節の流れですが、問題はこのフロリダバイカラーです。どちらかと言えば遅咲きのフロリダバイカラーが開花寸前に見えるのは気のせいではないようです。コンテナ植えで南向きの軒下にあるので暖かいのでしょう。

ハンギングバスケット

070327a.jpg

昨日の嵐が去った後近くのホームセンターに買い物の行きました。最近健康のためにサラダを多く摂るようにしているのですが、ちょっとサラダに彩りを添えるつもりでハーブ、野菜類の苗を購入しました。ハンギングでも作ってみようかな。こう見えて(見た事ない!)ハンギングに凝ってた時期がありましてバスケットはかなりあります。自分はミズゴケを使ったバスケットが得意?です。(ミズゴケをワイヤーバスケットに貼っていくやつ)旨く出来たらお見せしましょう。ミズゴケ使うと枯れるような失敗はしません。デザイン的な問題は又別問題ですが・・・

春の嵐が去ってみれば

070326a.jpg

クルシアナレディジェーン達はもうスタンバイ完了です。今週続々と開花してくるでしょう。

070326b.jpg

同じ花壇でも多少の時間差がありますね。

070326c.jpg

ライラックワンダーも続きます。

06-04-14b.jpg

イベリスがだいぶ暴れてしまい昨年のこの姿が見れるかどうか心配ですが、今週は楽しみな一週間になりそうです。今年はちゃんとイベリスを剪定しなくてはいけませんね。

開花ラッシュの予感

070325a.jpg

来週は開花ラッシュが見られそうです。これはテッセンの蕾。

070325b.jpg

チューリップのライラックワンダーのめんこい蕾も・・・

070325c.jpg

チューリップのクルシアナレディ・ジェーンもこんな感じで蕾が上がってきました。いよいよ春のゴングが鳴り響こうとしています。

フレンチラベンダー・わたぼうし

070324a.jpg

前に書いたフレンチラベンダー・わたぼうしの画像をご紹介しておきましょう。フレンチラベンダー(ストエカス系ラベンダー)の新品種です。逆光でこの花の美しさが伝えきれないのが残念ですが、今までにないカラーが魅力です。ただし新種なので値段がちょっと高いのが難点です。
070324b.jpg

紫と白のコントラストがキュートですね。ストエカス系ラベンダーは比較的暖地でも育て易いので是非大株にしたいと思います。

カタクリ開花始まる!!

070323a.jpg

今日はこんな感じで花穂がお目見えしてきました。カタクリの一番花です。植え場所によって開花時期が微妙に違います。ここはフェンスの裏のどちらかと言えば日当たりは良くない場所なのですが昨年も一番花はこのカタクリでした。なにが開花に影響しているのでしょう?

070323b.jpg

先週の寒さの中で植替えてしまったヘリオトロープも枯れる事はありませんでした。大きなローズポットに植えたオリーブの株元にアネモネ類と寄せ植えています。

クレマチスは忘れた頃にやって来る!

070322a.jpg

ピンポーン!「お届けものでーす」と天災いやクレマチスは忘れた頃にやって来るのでした。今期は既に何のかんの言いながら10種類以上増えてしまいました。今回の期待のクレマはタカネハンショウヅルです。今回で3度目のトライ。自分と相性が悪いのか今まで幼苗での挑戦だった為か根付くことなく消えていきました。今回は大苗での挑戦。今回失敗したらクレマチス狂の看板下ろさなくてはなりませんね。

いわがらみの芽吹き

070321a.jpg

昨年からようやく花が沢山咲く様になったイワガラミが芽吹いてきました。気根を出して壁などに張り付いて伸びて行きます。放置すると隣家に迷惑がかかるので注意が必要です。写真手前の棒は柏葉アジサイの枝です。こちらも芽が動き出してきました。

070321b.jpg

昨年の開花の様子です。写真写りは今一ですが本当に綺麗な花です。勿論あじさいの仲間です。植えてから4、5年は花が咲いても一輪という状態が続きました。何度処分しようかと思ったことか・・・きっと殺気を感じたんでしょうね。昨年から期待通りの姿を見せてくれています。

昨日の一コマから

070320b.jpg

↑レンゲショウマも芽吹きました。可憐な花に今年も会えるでしょうか?楽しみです。↓は黄葉のケマン草の芽吹きです。たぶん(笑)記憶は怪しいものですね。僅か一年されど一年です。
070320a.jpg

さてこの寒さも週半ばには抜ける様ですね。来週は足踏みしている季節が進みそうです。花が咲きはじめると一気に季節が進んで行くので楽しみなのですが、春は一年に一度限り。過ぎてゆく名残り惜しさもあって、複雑な気持ちになります。春を待ち侘びるこんな時間が一番幸せなのかもしれませんね。

庭の春

070319a.jpg

雪柳も咲いて春は本番モードのはずなんですがこの気温。寒い日が続きます。この雪柳昨年強剪定した時期が悪く今年は花がちょっぴりです。コンパクトに咲かせたいなら花後直ぐに強剪定するとコンパクトな姿が保てますが時期がずれると来年の花芽を失う事になりますので注意です。

070319b.jpg

さて早春を彩るカタクリ達も続々とお目覚めですが↑これは残念一葉のカタクリです。花が咲くまではまだ時間が必要です。

070319c.jpg

こちらもカタクリ。双葉の間に蕾らしき物が見えてきました。もう直ぐ開花しそうです。
今日も買い物途中に園芸店に立ち寄りましたが、カタクリの開花見込み株が1POTで650円の値札が付いていました。高いですね~。自分は30球で3,000円で購入しました。だから一葉のものも出てしまうのですが、それもナチュラルでいいんじゃないでしょうか。
他に園芸店で目についたのはフレンチラベンダーの新品種。フレンチラベンダー”わたぼうし。花穂の色が今までにないシックな色合い。絶対流行るだろうと思います。ただ生産量が少ない為お高いです。一鉢お持ち帰りになったのは言うまでもありません。是非大株に育ててみようとおもいます。写真はとり忘れたので後日という事で・・・

冬がやってきた。

070318a.jpg

ここまできてまだ早いと言われてもねェ~ ムスカリ:ラティフォリウムが目を覚ましたと言うのに・・・・

070318b.jpg

キバナカタクリ(Erythronium grandiflorum )もこんなに葉を展開してきたのに・・・

070318c.jpg

そしてクルシアナレディジェーンもこんなに可愛い蕾を見せているのに・・・
なぜか冬がやってきてしまうのです。今更なんちゃって!などとワルフザケは通用しませんよ!

フォゲットミーノット

070317a.jpg

わすれな草が満開です。なんて嘘です。これは種を飛ばして欲しくて開花株を今年始めに植えたものです。随分長期間咲いています。この他に昨年秋に種を庭に直播したものも順調に育っています。ねぎみたいな葉は原種系チューリップのレディージェーンです。レディージェーンは勿論何年も植えっぱなしですが休眠中は球根が深く潜っていくので乱暴な植替え作業をしていても被害はありません。

070317b.jpg

こちらが種を直播したわすれな草です。こんな感じで自然に花が増えていく様なナチュラルな庭造りに拘っています。

初雪!?

070316a.jpg

冬に逆戻りしてきました。植物たちも神様の気まぐれに驚いている様です。芽吹いた植物たちにはカウンターパンチの様です。今のところ被害はない様子で一安心。写真はパテンス系クレマチスの雪おこしです。今にも咲きそうなんですがあまりの寒さにびっくりしている様子です。
近所の園芸店にもクレマチスの苗が多数並び売り場も年々広くなっています。血迷うといけないのであまり見ない様にしているのですがアフロデイテエレガフミナが目に止まってしまいました。値段もワンコイン以下!あとはお決まりのコースです。まだ届いていないクレマチスもあるのにどうすんのよ!という呆れた妻の目線が痛いこの頃でした・・・

さて先日紹介したヤクシマトラノオが満開です。花が咲いてから新葉が展開してきます。毎年じりじり勢力地を広げているようです。
070316b.jpg

ヤクシマハルトラノオ

070313.jpg

季節は行ったり来たりです。今週は完全に季節は逆戻りしています。庭で芽吹いたカタクリ達も思わず双葉を閉じて寒さをじっと耐えています。
そんな中でヤクシマハルトラノオが今年も開花してきました。可憐な花を咲かせていますがダテ科の野草で強健です。花が咲いた後葉が展開してきます。これは、なんちゃってロックガーデンに植えてあります。

今年の防御プログラム

070311.jpg

昨年までは酸性水もどきとオルトランのみで対処していましたが(基本的にうちにあるバラは一季咲きなので夏に葉を落としても神経質にならずに対処しています)今年はちょっとお金をかけてみようとおもいます。ボトル見ればわかる人にはわかりますね。まだ数回しか使用していませんがここのニームは今まで使った物の中では断然使いやすいです。寒さで固まることもないしべたつきがまったくなく水で薄めるのが簡単です。肝心の効果を見ないとなんともいえませんが。
そう言えば昨日噴霧器を久しぶりに物置から引っ張り出して使いましたが、ノズルのパッキンが無くなっていたらしく服の袖口からニームオイルの溶液が・・・その後はご想像にお任せします。農薬でなくて本当に良かった。いきなりパーゴラの上に噴霧したのが間違いです。バラも大きくなってきたので新しい噴霧器買いますか。

カタクリ

070310b.jpg

芽が出た!と思ったら一気にこんな姿を見せています。一年ぶりの再会です。スプリング・エフェメラルの代表選手カタクリがもうすぐ咲きそうな勢いです。カタクリを含めて山野草は信頼出来るお店(判断が非常にむずかしい)で購入しないと山採り品を買わされてしまうので注意しなくてはいけません。そういえば先日ホームセンターで伊豆の地エビネというものが売られていました。これ怪しいなぁ~。大手のHCなのでまさかとは思いますが・・・ちなみにうちのエビネは山採り品です。じっちゃんが昔採ってきたものです。時効って事にはならないでしょうが今更戻そうにも山は団地になっちゃったし・・・。

Rosmarinus 海のしずく

070308a.jpg

花壇のローズマリーが満開です。随分と大きく育ちました。環境が乾燥を好むローズマリーには適していたんでしょう。
随分と道路にはみ出してきてしまいました。ただ親父には利用方法がいまいち理解できずに持て余しています。管理は地植えでは容易です。肥料もあんまりあげていません。水やりもした事ありません。病害虫も殆どありません。結局なにもして無いじゃん!!いえいえ花後の花柄は採っています。種を作らせると枝の老化が早まる気がするので。(これはあくまで個人の意見です。判断はご自身でお願いします。)これ結構大変な作業です。あと適度に剪定・・といっても老化した枝を落として新芽を出させる程度。寒さにも比較的強くマイナス5℃くらいまでなら耐えられます。ただし這性種は寒さに弱く東京都下のうちではなかなか大きく育てられません。(寒さで枯れては新芽が伸びての繰り返しなのです)
070308b.jpg

クレマチス考

070307.jpg

このところの陽気で身体も心もスキだらけだったのでこの寒さは事のほか身にしみています。ところで園芸店には早くもクレマチスの開花株が並んできました。勿論温室育ちの箱入り娘。気難しいアルピナ系が目立ちます。売れるのはわかりますがどうなんでしょう?以前ラベンダーの事でも触れましたが長い目で見ればクレマチスを広める意味においては逆効果だと思います。経験の浅い方が購入→失敗=クレマチスは難しいというイメージ。(これはバラにも通じる事です。)売れればいいととしか考えていないとは思いたくないのですが商品の特性を充分説明して販売している園芸店は残念ながら身近で見たことはありません。一口にクレマチスといっても伸長の程度や花の付き方、適した日照条件等様々です。できれば鉢植えが最適だとか用途別、系統別に説明書きくらいあってもいいでしょうね。バラも同じです。枝の性質で適材適所が決まりますからちゃんとしたコメントが欲しいところです。

おっと自ら説明不足でどうすんの!写真のクレマチスは柿生といいます。クレマチスの父と言われる故小沢一薫さん育成の世界的な名花です。系統はパテンス系で大きく育ちますのでできれば地植えにするとこの花の魅力を引き出せる事でしょう。極めて多花性です。日照は5時間くらいは欲しいところです。

庭の様子

070306b.jpg

落ち葉だらけの殺風景な庭です。このところの異常な気温で季節は駆け足で過ぎていくもののまだ多くの草花はその眠りから覚めたばかりです。今年はスノードロップも数が減ってしまい(写真に収める間もないまま終わってしまいました・・涙)他の球根植物にも危機が訪れているのでしょうか?ちょっと不安です。この場所は野良猫によく掘られる場所でもあるので・・・
あと壱月もするとこんな景色が見られるはずなのですが・・・・

                   
070306a.jpg

雪割草が満開です

070305.jpg

今日は暑いくらいの1日でした。1日庭のかたずけに追われました。なかでもこの時期重要なのは物置の整理!肥料や用土、ビニ帯など園芸資材を整理しておかないと冷蔵庫の中と同じで無駄な買い物してしまいます。
オールドローズのファンタン ラトゥールの植付けも終り新入りたちの植付けはほぼ終了しました。

カタクリ見っけ!

070304b.jpg

今日落ち葉を整理していたらこんなもの見つけちゃいました。そうです大好きなカタクリの芽吹きです。確実に季節は進んでいきます。

070304a.jpg

そして改装中のボーダーではスイセン‘フェブラリーゴールド’が満開です。
そうそう昨日の夜に待っていたバラが到着!これで改装工事が完了しそうです。

テッセンに蕾

070303.jpg

この陽気の影響でしょうかテッセンに蕾が!南向きの軒下にある鉢植えのものです。ここには寒さにやや弱いフロリダ系を集めていますが蔓の誘引が必要になってきました。

クロッカス ピックウイック

070302a.jpg

花壇のジューンベリーの根元で早くもクロッカス ピックウイックが開花しています。昨年よりも10日ほど早い開花です。昨年よりも又増えているようです。球根類は直線的な植え方にならないようにすると自然な感じが演出できます。

070302b.jpg

同じく花壇ではグランドカバーのベロニカ オックスフォードブルーが満開になってきました。比較的暑さにも強い優秀なグランドカバーです。(多分昨年もこんなコメントだったような?)バックに写るニラ状の植物はアリウム ユニフォリウム だったと思われます。ピンク色の可愛い花をつけます。

雪割草

070301b.jpg


季節の移ろいは早いもので雪割草も満開になってきました。今年も綺麗に咲いてきましたよ。先週までは蕾の硬いものが多かったのですがこのところの暖かさで一気に開花が進みました。うちでは安価なものを地植えで植替えもせず放任しています。意外に丈夫で毎年綺麗に咲いてくれるので春を告げるものとして是非お庭に植えてみてください。落葉樹の下など夏の日差しが当たらない場所が最適です。

070301.jpg

さて新着の苗の植え込みもほぼ終り後はバラの到着を待つばかりとなりました。でも早く到着してくれないと心変わりしてしまいそうで恐ろしい・・・

Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。