Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れていた紅葉

11-29.jpg

遅れていた季節もようやく動きだしたようです。庭は一気に秋色に染まってきました。しかしもうすぐ師走です。寒い時は寒くないと何となくシマリがない年の瀬になってしまいますね。

11-29b.jpg

今年を振り返るとやっぱり慌しい一年でした。毎年この時期に思うのは来年こそはゆっくり園芸を楽しむ時間を持とう、ゆとりを持とうと・・しかしながら実態は届いてしまう苗との格闘、ついつい~と言い訳を探しながら~
ゆっくり楽しむ暇はありません。来年こそ来年こそは・・・
スポンサーサイト

アフリカンブルー ・バジル

11-27b.jpg

アフリカンブルー ・バジルが開花してきました。ダークオパールバジルとカンファーバジルの交配種で半耐寒性です。霜に当たると茶色くなって枯れます。サルビアレウカンサとほぼ同じでしょう。夏の花より綺麗ですね。これが見納めにならないように越冬にチャレンジします。

11-27.jpg

暑さには強く香りも楽しめ大きく育つ優秀なガーデンプランツなのでお勧めです。さて越冬できるでしょうか?

ビエネッタ・その後

11-25.jpg

ビエネッタは昨晩の冷え込みにも負ける事はなく綺麗に咲き続けています。今日は遅れ気味の庭のマルチングを進めました。このところの冷え込みで一気に季節が進んだようです。

11-25b.jpg

ホスタもご覧の通り、今年最後の輝きを放ってきました。この輝きが消えるころは師走を迎えます。

ビエネッタの3番花が開花してきました

11-24.jpg

こんな感じで開花がはじまり

11-24b.jpg

完全に開花するとどうでしょう!緑色のなんとも言えない花になりました。ビエネッタはガーランドシリーズで室内なら冬にも開花すると言われていますがこんな魅惑的な花が咲くなんて驚きです。

早春の庭

06-11-20.jpg

早春のお勧めプランツもこのへんで終りにしましょう。最後に春が訪れた落葉樹の下の様子です。黄色い花は黄花カタクリです。西洋のカタクリで日本のものより丈夫で花も比較的簡単に楽しめます。
左下の方で黄変してる葉はスノードロップです。少し見苦しいのですがやがてホスタの葉が展開してきて目立たなくなります。球根類とホスタの組み合わせは実は相性がとっても良いのです。ホスタを植えてから球根を葉の下に植え付けると有効です。

春を告げる花

11-19.jpg

スプリング・エフェメラルではありませんが未だ寒さが残る早春の庭に春を告げるのがこのクロッカスです。アヤメ科の多年草で別名ハナサフラン。そう秋に咲くサフランと同じ仲間です。自分はものぐさなので植えっぱなしです。でも数年はいけそうなので以外に植えっぱなしでも大丈夫かもしれません。注意する事はあまりありませんができるだけ自然に見せたいので植え方は気を使います。2、3球ずつまとめて植え出きるだけ直線的にならないようにしています。何気ない花ですが早春を彩る素晴らしい脇役ですので見直してもらいたいと思います。

スプリング・エフェメラルのパートナー

11-18.jpg

三角草です。
スプリング・エフェメラルではありませんがうちでは春の訪れを感じさせてくれる貴重な存在です。沢山の種類があり、高価な交配種もありますが暖地での路地栽培ですので安価なものがよいでしょう。
なお雪割草と呼ばれていますが雪割草と三角草は学術的には全く違う植物です。三角草もキンポウゲ科アネモネ属の多年草です。自分はやっぱりキンポウゲ科の植物が大好きです。
さて栽培は落葉樹の下なら容易です。我が家の開花時期は年によっても違いますが2月の下旬から3月中旬頃です。スノードロップが終わった頃に入れ替わって咲いてきます。こちらも是非庭つくりに使っていただきたい植物です。

続々・Spring ephemeral

11-17.jpg

スプリング・エフェメラルと言えばこのスノードロップも仲間に入れたくなります。この頃は入手できる品種も増えて選ぶ楽しさを味わう事もできます。小ぶりな品種を群生させるのが自分は好みです。50球位は植えたでしょうか。でもなかなか増えてくれません。

続・スプリング・エフェメラル

11-16a.jpg

福寿草です。(キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草)これも代表的なスプリング・エフェメラル。縁起の良い花として根を切り詰めて正月の寄せ植えが売られています。が本来はとても根張りがよい植物で地植えで時間が経過したものは容易く植え替えることはできません。

近年色々な花色、花形が容易に手に入るので落葉樹の楽園のメンバーにいかがでしょうか。大株に育てると見事です。
このように日本にも自生している植物を使うと栽培が比較的容易ですし、比較的安価なものが多いので是非庭つくりに積極的に使って頂きたいものです。

Spring ephemeralのすすめ

11-15.jpg

ネタも切れ気味のこの時期、数回に渡ってナイルのお勧め植物をお送りしましょう。
先ずはスプリング・エフェメラルです。落葉樹が葉を展開する前に茎や葉を地上に出して花を開き晩春から初夏木々の葉が展開して木陰になるころ溶けるように地上部が消えてしまうカゲロウのようなどこか儚い植物。スノードロップやフクジュソウ、セツブンソウ、イチゲ、そしてこのカタクリなどがあります。スプリングエフェメラルを落葉樹の下に群生させることができれば春を呼ぶ素敵なコーナーになる事間違いありません。これから庭を造り始める方がいらしたら是非落葉樹をシンボルツリーにしてその下を是非スプリングエフェメラルのコーナーにしてください。

スプリングエフェメラルのなかでもお気に入りはこのカタクリです。球根で入手できますが実生から花が見られるようになるまで8年かかるという事ですから信頼できる山野草店などで開花見込みの球根をお求めになるといいかと思います。かたくりの球根は地下にもぐっていく性質があるので植付けはその事を留意してください。

何でしょうこれ!

11-14.jpg

よせばいいのに又及川さんからこんなに届きました。もちろん自分でポチッとクリックしちゃたからなのですが・・・春にはご紹介できればと思います。

遅れている季節

11-12b.jpg

これは昨年の11月半ば過ぎの庭の様子です。紅葉が黄色く秋色をしています。しかし今年は緑のまま。明らかに季節は遅れているようです。この分だと秋植え球根は年内は植付けできそうですね。バーゲン狙いをしてみましょうか。

ビエネッタの3番花?その後

11-12.jpg

ビエネッタの蕾が開花してきました。もう少しで咲きそうです。それにしても本当に今年は暖かいですね。季節が完全にずれてしまっています。今日から少しずつ庭のマルチングをはじめました。藁も準備しましたが、しばらくは防寒は必要なさそうですね。
今日は薔薇のシュートの誘引もしました。薔薇の植え替えも控えているので早め早めの作業です。

春に思いをめぐらせて・・・・

06-11-11.jpg

さていと、いよいよ庭のマルチをしましょうか。単純な作業の連続なのできつい作業ですが、こんな春の場面を思いながら・・・

大好きなクレマチス

06-11-09-2.jpg

数あるクレマチスの中で一番好きなクレマチスは何ですか?と聞かれたら迷わずにこのモンタナテトラローズを選びます。この花の大きさ、色、質感がたまりません。染色体が4倍体である為に通常のモンタナ類にない花姿をしています。(生物は通常2倍体らしい
出来ればもう数株持っていたいと思います。

ブルーベリーの紅葉

06-11-09.jpg

ブルーベリー達もすっかり秋色になりました。これはウッタードだったと思われます。←すっかり自信が無くなっています。(笑)うちでは5種類育てていますが全てピートモス100%(土は使いません)カナダ産の無調整物のピートを使っています。ピートモスは植替え時の古い用土の処理が楽なのです。そろそろ今年も植替えをしないといけませんね。ついつい後回しにしてしまいます。

あなたは誰だっ

06-11-08.jpg

嫌だなぁ最近本当に物忘れが酷くなってきた。今咲いてる数少ない花です。ミントの仲間ですが名前を忘れてしまいました。どなたかご存知ありませんか?地下茎で増えすぎるやつは困るので種類を選んで地植えしたんですが・・・ネペタの近縁でしょが・・・・思いだせない・・・
とにかく丈夫で増えすぎず減る事もなく。地植え向きです。

ようやく秋色

06-11-07.jpg

暖かい秋の中ホレストパンシーの葉も秋色に輝いてきました。気がつけば今年も残り僅かですね。今年は秋植えの球根も特に植えずに昨年のままです。我武者羅に追いかけていた理想の庭造りも一休みです。今後はゆとりを持ってゆっくりのんびり、そしてじっくりいきましょう。
それにしても今夜は随分冷えますね。そろそろ庭のマルチングしなくてはなりません。堆肥と腐葉土を混ぜたもので庭を被います。これだけで随分土の状態が良く保てています。耐寒性の弱いものには根を保護する事にもなりますし球根類が霜で浮き上がる事も予防できます。但し腐葉土は吟味しないと逆効果にも成りかねないので注意が必要です。販売されてる熟成した腐葉土は意外に少ないものです。

ビエネッタの3番花?

06-11-06.jpg

ビエネッタの蕾が又膨らんできましたよ!この秋に暖かさのせいでしょうか?それともガーランドシリーズの特徴なのでしょうか?
昨日少しクレマ類に肥料を置き肥をしました。冬には寒肥を沢山あげるので少しです。肥料は骨粉と油粕(2対1)に混ぜたものです。

青空にシルホサ・ジングルベル

06-11-05.jpg

今年も何とか撮れました。青空にシルホサ。今年こそ横に広がるように誘引しようと思います。ちなみにパーゴラの右からシルホサ、左からはランブラーローズのポールズヒマラヤンムスクが伸びてきています。

マーゴットスターの2番花

11-02.jpg

マーゴットスターの2番花です。今咲いている数少ない花です。今年も2番花を咲かせるように剪定しませんでしたが偶然剪定されたのでしょう。

今年は例年より更に庭の手入れが出来ず作業が山積です。一番の大仕事はつる薔薇のシュートの整理・・・本来は冬の作業ですがとても放置できる状態ではありません。この連休は薔薇との格闘で終りそうです。

シルホサ・ジングルベル

10-31.jpg

何と久々の更新なんだろう。ご心配をかけてしまった方には大変申しわけありませんでした・やっと色々ゴタゴタした生活も落ち着きを取り戻しつつあります。のんびり更新していきますので宜しくお願いします。
さて今年もシルホサが咲き乱れる季節が訪れました。今年は中々青空を背景に撮れなかったのでコントラストがイマイチですがもう満開になりつつあります。

Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。