Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポールズ・ヒマラヤンムスクランブラーが満開

130517b.gif

一気に春が進んで庭は今花であふれています。ここ何年かはこの時期に仕事が立て込んで満足にバラを鑑賞する間もない始末。毎年来年はゆっくり・・・・と思うのですが今年も忙しい・・・

ジューンベリーが大きくなんたりパーゴラを立てるため切り倒したはずの金木犀が復活したりして緑に埋もれるポールズ君。庭の成長を感じる一コマです。

130517a.gif

130517c.gif

今年は良く咲いているミニチュアローズの宇部小町。トゲがきついのと香りが弱いのが難点ですが多花性で愛らしさは抜群!門柱に絡めています。
スポンサーサイト

オールドローズの季節

130510e.gif

オールドローズの開花がいよいよ本格的になってきた庭です。オールドローズの歴史は先輩諸氏の説明に委ねるとして大雑把にいえば1,867年以前に生まれた品種群のバラたちで香り高く一季咲きのものが多いのが特徴です。
歴史的な分類はともかくとして栽培する我々に必要なものは育てやすさだとか樹形・枝の固さ・トゲなどの枝の性質を考慮した使用方などが重要でオールドローズは自分のように狭小住宅には欠かせないバラだと思う。

130510d.gif

市販されているアーチに十分すぎるほど伸長力を持っていて枝はしなやかで誘引しやすく香り高いとあればアーチにぴったりでしょう。

130510c.gif

ルイーズオディエの開花が始まりました。今年はまじめに誘引したので蕾がいっぱい!

130510b.gif

バロン ジロード ランも開花してきました。

130510a.gif

そしてファンタン・ラトゥールがついに蕾をひらいてきました。自分の鼻詰まりもなんとか解消して甘い香りを堪能しています。

オールドローズ ヴィヴィッド

130504a.gif

今年はウドンコ病に悩まされながらの開花となってしまったヴィヴィッド。おまけに風邪をひいて鼻ずまり・・・香りがぁ・・・・何でこんな時に・・・

130504b.gif

ところでオールドローズは日本の住宅事情を考えると最適なガーデン素材です。市販のアーチなら十分カバーできるししなやかな枝は用途多彩。

130504c.gif

スパニッシュビューティがほぼ満開の今朝の庭でした。

イングリッシュローズ

0528a.gif

我が家にある数株のイングリッシュローズのひとつコンスタンス・スプライです。イングリッシュローズの記念すべき第一号でここから全てが始まりました。一季咲きで交配の基礎となるオールドローズの色香が強く残るバラですが香りは他のオールドローズの中に埋もれてしまうとあまり感じません。

0528b.gif

大型になるツルバラで出来れば地植えでのびのび育てたい品種です。

0525a.gif

そしてパットオースチン。デビッドオースチンが奥方の名前を付けられた事でも有名ですね。
この俯き加減が絶妙です。このカッパーオレンジと呼ばれる独特な色合いで一度見ると忘れられないバラです。

イエスタデイ

0528c.gif

ポリアンサローズのイエスタデイ~が満開です。すでに散り始めているので今週で見納めでしょう。このバラはポリアンサでもこの大きさに育ちます。これならツルバラとしても扱えます。オールドローズと旨く組み合わせて使いたいバラです。

0528d.gif

バラも組み合わせが大切ですがここには3種のバラが咲いています。下の方は宇部小町とポールズヒマラヤンムスク。ポールズ君ここが終点です。これ以上伸ばせません・・・


Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。