Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一株分!

090627a.gif

今年は早めにばっさり!ラバンディン系ラベンダーのグロッソは大株に成長して今では花壇からはみ出していて車を着けることが出来なくなっていたので、ばっさり。これで一株分の花穂。香りはコモン系には及ばないものの少しスパイシーで良い香り。冬になったら深い剪定をして姿を整えよう。

暖地でラベンダーの地植え栽培を考えるならまずはラバンディン系を育ててみよう。このグロッソは強健で大きく育つのでお勧めです。
スポンサーサイト

ラベンダー

090624a.gif

ラベンダーの季節もいつのまにか終わろうとしている。今の時期は春の花と夏の花の狭間でラベンダーが終わったらこの子はどうするんだろう。余計なお世話だね。

コモン系のラベンダーはもう終わって剪定してしまった。今咲いているのはラバジン系がぽつぽつ。このグロッソは株がだいぶ乱れてきているので今年は早めに剪定しよう。

ラベンダーの剪定

080713a.jpg
それにしても昨日は暑い1日だった。外に出るのも嫌になる。とはいっても時間に押されっぱなしの庭仕事、さぼるわけにもいかず・・・
ようやくラベンダーの剪定が終了した。コモン系は既に剪定済みでラヴァンディン系が放置されていた。ラベンダーも種類が多くなって、しかもネーミングに統一性がないものだから、本当に混乱してしまう。ここでおさらいしておこう。

ラベンダーは大きく分けてスパイカラベンダー、ストエカスラベンダー(フレンチ)、デンタータラベンダー、プテロストエカスラベンダー(レースラベンダー)の四系統。それぞれ交配が進んで色々な品種がある。事を複雑にしているのは、スパイカラベンダー系だ。この系統はコモン系とラヴァンディン系のニ系統に分かれる。ラヴァンディン系は、いわゆるイングリッシュラベンダーといわれる(富良野と言えばこのラベンダー)とフランスやスペインが原産のスパイクラベンダーの交配が進みラヴァンディン系が誕生した。以後この系統に多くの品種が産まれている・・・って、すでにわかりずらいでしょ。つまり・・・皆さんがラベンダーと聞いて思い描くイングリッシュ系には、香りの良いコモン系と暑さに強が香りがイマイチのラヴァンディン系(写真のラベンダー)があるってこと。このグループの品種改良には大企業も軒並み参加しているので有名。で何を言いたかったんだろう?青いバラが奇跡と言われるように暑さに耐えて香りが良いラベンダーも奇跡なのです。この大スターを誕生させるべく大企業も本気で参戦しているってわけですね。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

フレンチラベンダー・わたぼうし

080502b.jpg
この時期になると開花ラッシュに煽られて、記事がついつい雑になってくる。少し落ち着いて書いていこう。写真は昨年から園芸店で見かけるフレンチラベンダー・わたぼうし。何度かの積雪にも耐えて花穂が!ところでフレンチラベンダーと呼ばれているラベンダーは7つに分類されるラベンダーの中の1つで、ストエカスラベンダーの別名。ストエカスラベンダーは寒さに比較的弱いが暑さには強い。成長も早く大型に育つ。以前地植えしていた株は、背丈1メートルは超えていた。地植えの時は充分なスペースが必要だ。このわたぼうしは昨年秋に地植えにした。背丈はまだ30cmほど。ぜひ大株に育ててみたい。

にほんブログ村 花ブログへ
banner_04.gif

ラベンダーの冬剪定

080107a.jpg
今日は本当に暖かい1日でしたね。車を運転していると汗ばむくらい
でした。先日も書いた通り、何だか庭の植物の動きが早いので今日
はラベンダーの強剪定を済ませました。夏、花後に剪定してある株で
すが下葉が枯れあがりこのまま放置すると樹形も乱れ新しい枝も出て
きずらいのです。新芽が動き出す前に強剪定をしなくてはなりません。
まずは枯れた下葉をバリバリ取ってしまいます。株元から優しく頂点
に向けてズルッと撫でると簡単に取れていきます。変に力を入れると
新芽まで取ってしまうので注意してください。弱い枝や込み合っている
枝を切ります。頂点もバランスを見ながらカットしていきます。

080107b.jpg
こんな感じになりました。随分すっきりしましたね。でも新芽が株元に動
き初めているので大丈夫です。ラベンダーとローズマリーだけは絶対剪
定して枝の更新(若返り)をさせないと折角大株に育てたのに花が少な
くなったり咲かなかったりして後悔する事になります。(経験者談)

これはあくまでもイングリッシュラベンダーの剪定例です。他のラベンダ
ーとは異なりますので注意して下さい。

にほんブログ村 花ブログへ

Appendix

プロフィール

ナイル

Author:ナイル
クレマチス狂の詩にようこそ!

最近の記事

プルダウンリスト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。